みんなおすすめ!多摩川甘いものアーカイブ

多摩川の近くにある美味しい甘いもの情報をまとめたアーカイブです!実際に訪ねていったお店のみ、こちらに随時更新していこうと思います。

「このお店もおすすめだよ!」「これも美味しいよ!」など、あなたのおすすめもお待ちしています!

SNSのXの下記の投稿に返信いただくか、当サイトの「お問い合わせ」よりメッセージをお寄せください。

1.多摩川菓子店 「追分まんじゅう」

川崎名物として有名な「追分まんじゅう」。お店の名前に「多摩川」とつくので当然なんですが、外観にドドーーン!と「多摩川」の文字が金色で輝いていて、その時点でテンションが上がりました。

平日の夕方、お店が閉まる間際だったのですが、駆け込みでお客さんが列をなしていて、人気ぶりが伺えました。帰宅して実食。包み紙を開けた瞬間、これは間違いなく美味しいやつだと確信。表面にみっしりときなこがまぶされていて、割ってみると中にあんこがたっぷり。

途中、きなこをあんこにまぶして食べて・・・などと、楽しんでいたらあっという間に食べ終わってしまいました。今、こうして見返していても口の中によだれがじゅわ~っと出てきてしまうくらい、美味しい逸品でした。

2.喫茶みよし

京王多摩川駅前の、昭和の雰囲気そのままの喫茶みよし。たいやきといえば、焼く鉄板の型が「養殖」なのか「天然」なのかなど、たいやき好きの間で話題になったり、昭和の頃には「頭から食べる」vs「尻尾から食べる」論争があったりと、なかなか奥深い日本の伝統スウィーツ。

喫茶みよしは1969年創業の老舗で、創業者のおばあちゃんが今でも店に立ち接客をしてくれました。実際にお店に入ってみると、初めてきたのに、小さいころ連れて行ってもらった懐かしいお店に来たような不思議な感覚に。これはたいやきをテイクアウトするだけではもったいない、と思い、思わず店内でやきそばとコーラを頂くことに。

お目当てのたいやき

たいやきはテイクアウトして多摩川を見ながらいただきました。

最近のたいやきとは一味違い、皮がやさしい甘い香ばしさ、あんこは素朴な甘さがどこか懐かしい感じ。皮の感じは個人的に結構好きで、やはり小さいころ、おばあちゃんちに行って一緒に食べた焼き菓子のことを思い出しました。

お店のおばあちゃんの人柄がとてもよく、お店もすべて優しい雰囲気に包まれていて、めちゃくちゃ癒やされます。おばあちゃんは耳が少し遠いのと、注文を複数お願いするとお会計に負担がかかってしまうので、みんなで助けてあげながらいただきましょう。